2011年08月25日

UGG(アグ)を筆頭にシープスキンブーツ

UGG australia(アグ.オーストラリア)は1978年、サーファーのブライアン.スミス氏がオーストラリアとニュージーランドのビーチで職人たちが縫っていたシープスキンブーツをアメリカに待ち込んだのがはじまりです。
それ以来UGG(アグ)を筆頭にシープスキンブーツはカリフォルニアのサーファー達によって長年にわたり愛用されてきました今やハリウッドセレブやモデルも愛用しています。
それにより、なかなか手に入る事の出来ない、希少アイテムとなりました。
またUGGブーツが世界中で愛される訳はシープスキンは通気性にとても優れており夏は湿気を逃がし、とても涼しく、冬は温かく快適な温度を保ってくれるなどの、性能性がとても優れている事にもありますとても履きやすく軽量なのも特徴のひとつです。
posted by UGG2011 at 17:49| 茨城 ☁| Comment(0) | UGG知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。