2011年08月25日

UGGブーツの中でとても人気のタイプです

UGGブーツの中でとても人気のタイプです。サイドの大きなボタンがデザインポイントの「ベイリーボタン」。
UGG 新作内側は全てリアルシープファーで、足全体をやさしく包み込んでくれます。上質のシープスキンを使用しておりますので履き心地も最高ですよ!
軽く柔軟な成型アウトソールが、歩くたびに驚きの快適さを約束します。
丈が短いので、パンツに合わせられるのはもちろん、ロングスカートに合わせれば、スカートの裾からチラッと見えてかわいいですよ!
伸ばして履いても折り曲げて履いても、とってもキュートなアイテムです。
ぽてっと丸いフォルムがかわいいですよね。また、足首周りがすっきりスリムに見えるのも女の子に嬉しいポイントですね!

人気UGGのため、なかなか手に入らないようです。お店で見つけたら、即購入する方がいいかもしれませんね!
夏なら流行りのマキシ丈ワンピースにと一緒にコーディネートするのがかわいいですね!
posted by UGG2011 at 12:28| 茨城 ☁| Comment(0) | UGG知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

UGGブーツは風通しのいい場所

UGGブーツは飽きがこず長く履けるブーツです。そんなブーツだからこそちゃんとお手入れをしてあげて下さい。
お手入れについては別ページで詳しく解説していますのでそちらをご覧下さいね。

まず、雨や雪による汚れには十分注意して下さい。
雨は一見濡れただけかのように思えますが、乾いた後に雨じみが残っている場合があります。
雨じみはなかなか取ることができませんので、雨の日は帰宅後にすぐ汚れを落としていただきたいと思います。
できれば雨の日は履かないと決めていただくのがいいですね。
※シープスキン自体は水に強い素材ですので、濡らしてはいけないということではありません。

次に、履いた後のUGGブーツは風通しのいい場所で陰干しをしましょう。
通気性が良いのでムレることはありませんが、陰干しすることで雑菌の繁殖を抑えることができ清潔に保てます。

そして、こまめなブラッシングを心がけましょう。
馬や豚などの天然の毛を使用したブラシででブラッシングをします。
スエード用もしくはヌバック用UGGのブラシが売っていますので、それを使いましょう。
ラベル:UGGブーツ
posted by UGG2011 at 17:54| 茨城 ☔| Comment(0) | UGG知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UGGの魅力は実用性が高

UGGブーツに使用されている靴底はEVAソールというもので、大手スポーツメーカのソールに使われている素材と同じです。
EVAとはエチレン ビニール アセテートという化学素材でとっても軽いんです。
ラバー素材と呼ばれるゴム底と違いずっしり感がないので見た目より軽く疲れにくいのがうれしいですね。

もちろんUGGの魅力は実用性が高いということだけではありません。
定番から新作、コラボレーションモデルなど種類も多くカラーバリエーションも豊富です。
UGGブーツの魅力はなんといっても履き心地です!
posted by UGG2011 at 10:20| 茨城 🌁| Comment(0) | UGG知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「UGG AUSTRALIA」 アグ ブーツの通販

UGGブーツの特長はなんと言っても「温かさ」と「軽さ」です。
履いたことのある方ならすぐに納得していただけるのではないでしょうか。
実用性とデザイン性を併せ持つUGGのブーツですが、ブーツ作りにも様々なこだわりを持っています。
最高級のシープスキンのみを使用しているため高密度で柔らかく、快適性に優れています。
UGG通気性も良いため、湿気を逃して空気を循環させることができます。
シープスキンは温度調整のできる素材と言われており、外の気温に関係なく素足を体温に近い温度で保つことができるのだそうです。
はじめまして、当店は、「UGG AUSTRALIA」 アグ ブーツの通販ショップです。「UGG AUSTRALIA」 アグ ブーツ は、その洗練されたデザインと優れた実用性の高さで、「二コールリッチー」 「ケイトモス」 も愛用する世界を代表する人気ブランド。
posted by UGG2011 at 10:18| 茨城 🌁| Comment(1) | UGG知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

UGGのソールは比較的ソフトで軽いです

ムートンブーツといえば、UGG australiaが有名ですが、他のムートンブーツブランドの中で注目はEMUです。
EMUはもとはUGGのブーツを作っていたメーカーで品質に遜色はありません。
UGG(R)Australiaは、元々、オーストラリア人のブライアン・スミスが、1979年にアメリカで創設した会社です。その会社をアメリカのデッカーズ社が買収したのが、1995年。 そして、1999年には、デッカーズ社が、「UGG」という名称を商標登録しようとしました。 アメリカやヨーロッパでは、「UGG」は商標権を獲得しましたが、オーストラリアでは、他のメーカーが多くの訴訟を起こし、デッカーズ社の敗訴となりました。ですから、オーストラリアでは、ブランド名にUGGが入っている会社が数多く存在していますが、これは違法にはならないのです。

混乱しやすいので、UGGブーツには、オーストラリア系とアメリカ系、2種類があると考えた方がわかりやすいでしょう。
UGGのソールは比較的ソフトで軽いです。emuは型崩れや長持ちを基本とするのでソールがしっかりしているのでUGGに比べると重く感じるかもしれません。
posted by UGG2011 at 17:11| 茨城 🌁| Comment(0) | UGG产品绍介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。